あなごのおすすめ本

噂のモテクリエイターゆうこす本【共感SNS】を読んだらフォロワー増えた。

こんにちは!
腹黒辛口ブロガーあなご(@anagoblog1)です!

今回読んだ本はこちら!

ゆうこす 「丸く尖る発信で仕事を創る 共感SNS」

▷どうやってSNSを使って発信したらいいのかわからない方
▷インフルエンサーになりたい、実業家になりたい方
▷ゆうこすファン笑

あなごは主にツイッター運用についてまとめています!

ツイッター以外にもインスタグラムやユーチューブの
ゆうこす流活用法が書いてありますので、気になる方はぜひ読んでみてください!

Who IS ”ゆうこす”?

「私はこの世の全てのぶりっ子を肯定する」

▷プロフィール

菅本 裕子(すがもと ゆうこ)
生年月日:1994年5月20日
年齢:24歳(2019年2月時点)
職業:モテクリエイター
出身地:福岡県北九州市
血液型:B型
身長:160cm

▷経歴

2011年4月 福岡県立八幡高等学校入学

2011年 8月 HKT48の1期生としてデビュー

2012年 8月 HKT48を脱退。料理の専門学校へ進学

2014年 調理師免許と食育インストラクターの資格を取得。お料理アイドルとして活動を開始

2015年 講談社主催のオーディション「ミスiD 2016」で準グランプリを受賞。「ネオぶりっ子」と称され話題に

2016年 InstagramなどのSNSで発信をスタート。個人事務所「KOS」を設立

2016年 11月 YouTubeチャンネル「ゆうこすモテちゃんねる」を開設

2017年 9月 『SNSで夢を叶える ニートだった私の人生を変えた発信力の育て方』(KADOKAWA)を発売

2018年 1月 事務所所属タレントオーディション「やりたい事をやって生きたいの」でプロデュース業を開始

もともとアイドル活動をしていた「ゆうこす」

現在はモテクリエイター、SNSアドバイザーとして
多方面から引っ張りだこな実業家として活躍!

あなごはインスタグラムでゆうこすが投稿していた
コスメ紹介がきっかけでゆうこすの存在を知りました。

あんちゃさんと同様、20代女子がめっちゃ頑張っとるTT!
と感動を覚えました。

この本を読むまでは、まさか彼女がたくさんのトライ&エラーを
繰り返して、挑戦をしてきたことなんて全く知らなかったです。

元々アイドルとか、スタート地点ちゃうがな。
と思っていましたが、ゆうこすごめん!笑

発信者の努力は、情報を受け取る側から発信する側に
ならないと本当にわからないものです。

ゆうこすがどんな風にモテクリエイター、SNSアドバイザー
になったのか、さらにゆうこす直伝のSNS攻略法を
お伝えいたします!!!

1:まずは「SNSでの自分」をつくる

「SNSでの自分」はどんな人?を考える、軸を決める

「SNSでの自分」をブランディングする上で大事なのが、

1:自分が何者かをはっきりさせる
2:一貫させる
3:言い切る
4:敵(アンチ)をつくる

※↑こちらはあなご的大事なことです※

ゆうこすも「あなたはどんな主人公?」を考えること
SNSで発信をする第一歩だと言っています。

ここで大事なのが”人は夢や願望だけでは応援できない”ということ。

SNS「私!お笑い芸人になります!応援してください!」

いや、お前誰やねん。状態ですよね。
でももしそこに

SNS「昔◯◯だった私が、◯◯を克服するためにお笑いを始める。
ぜひ応援してください!」

など、その人のストーリーや理由、想いを伝える方がより共感して
応援してもらいやすいのです。

【共感】とは、ただ「あなたの気持ちわかります。」
と伝えることではありません。

同じような体験を通して感じた気持ちや想いに共感するのです。

・同じ想いをしたこの人なら分かってくれる
・この人だったら信頼できる

あなたは今までどんなストーリーを描いてきたのか、
あなたはどうして発信がしたいのか、
自分にたくさんの「なぜ?」を問いかけてみましょう。

自分のことはわかった”つもり”になっていて
自分バイアスがかかっている状態。

ゆうこすは友達や家族に協力してもらって、ペアで「なんで?」
を聞き合う方法をオススメしています♪

私はココだよ!とわかりやすい旗をかざす!

あなごもこちらを参考にしてヘッダーを変えました!

ツイッターを始めてからずっとこんな感じで
ヘッダー写真を宮古島の海(散骨したい場所10選:あなご調べ)
にしていました。

もちろん、意味はありません。
ただ綺麗だったから。

そのヘッダー写真をこちらに変えました。↓

(リンク押すともれなくあなごのトゥいたーに飛ぶよ!飛んで!)

これが、あなごとフォロワーさんとの共通認識になる旗です。
こちらの方が断然何をしている人かわかりやすいですよね。

ちなみに自己紹介文はまだまだアプデ予定なので、
ちょこちょこ変えていこうと思っています。
▲アドバイスあれば教えてください!!

実際にこのヘッダーにしてからフォロワーさんから
「ヘッダーインパクトありますね!」
と言って頂き、一日のフォロワー数も増えました。

自分が何者かを提示する、自分の軸を見つける、
SNSでの発信をする時にはこの2点は絶対にブレてはいけないところですね!

”丸く尖る”って、なに?

共感SNSのサブタイトルにもなっている
”丸く尖る”とは一体どういうことでしょうか?

「発言をする時は、いろんな立場を想像して俯瞰する。」

「誰も傷つけない、誰も挑発してない。」

けれど、埋もれるような内容ではなく尖っている。

ゆうこすの”丸く尖る”とはこういう意味。

確かに炎上商法の方も中にはいて、
誰かを責めると必ず攻撃的な返しが来ていますよね。

企業からの仕事依頼が来る際も、過去の炎上情報などを
気にされることもあるそうです。

もちろんアンチが生まれることでやっと色んな人に見てもらえてきた!
という一つの指標にもなるかもしれません。

しかし、それは自分を貫いた結果、出てきたアンチなので
無理に自分から火をつけに行くことはありません。

ファンを作りに、発言しに行きましょう!

誰に、どんな人に、見てもらうかを具体的に想像する

「相手を限定するほど届きやすい」

あなごの場合は最初ブログを見てもらうためにツイッターを始めたので、
届けたい人は、ネイルをする人?
恋愛の話も書きたいから婚活している人?

まだまだ方向性が定まりきっていませんでした。

そこで「なんで?」を自分に問いかける作業をしてみたり、
周りにいる人に自分の考えを話して整理するうちに

あなごは「人との出会いで自分はここまで来た」ことに気がつき、
しかも周りの方たちが惜しみなく手を貸してくれることで
自分は今ここにいることができる。ことに猛烈に感動したのです。

あなごも人と出会うことの素晴らしさと可能性をお手伝いしたい!
と考えるようになりました。

そこで考えたのが人とひとを繋ぐイベンター

ここまで見えたら、ターゲットはかなり絞られました。

でも、ターゲットはわかったけどその人たちってどこにいるの?
SNSで探すにしても範囲が広くて難しい。。

ゆうこすはターゲットリサーチをどうやっているかというと…

ゆうこすのターゲット:
「モテたいと思っている10-20代後半」

▷ターゲットが好きなブランドやキャラクターなどをInstagramでひたすら検索
▷その人のフォロワーを見て、さらにそのフォロワーたちがどんなアカウントをフォローしているかを調査

ゆうこすのターゲットリサーチはここまで深く、細かい。

ターゲットが何が好きなのか、何をみているのかわからない方は
アカウントを見まくることです!

そちらに無意識にでもアンテナが張りやすくなりますよね!
あなごもやろぅっと。

2:フォロワーを増やす!

誰もが知りたい、知名度0からフォロワーを増やす方法!

あなごはプロ無職のるってぃさんの記事も参考にしました!

共感+メリット=フォロー

あなたはなぜそのアカウントをフォローしたんでしょうか?

きっと自分にとって「役に立つ方法」や「共感できるツイート」
をしているアカウントだったからではないですか?

他の方も全く同じ思考です。

①共感を生む情報を発信できているか
②相手が自分をフォローすることにどれだけメリットを提供できるか

ここがツイッターでのフォロワーを増やす一番のポイントとなってきます!

SNSは1冊の本づくり、プロフィール、タイトルは欠かせない要素!

アカウント名は「本のタイトル」と同じくらい大事です!
ターゲットが求めているものがすぐに分かるようなワードを選びましょう。

あなごはよく「なんであなごなんですか?」って聞かれるんですけど、
小学生の時にサザエさんのあなごさんモノマネをよくしてたっていう
しょーもないエピソードなんです。笑

でもひらがな3文字で読みやすいし、キャッチーだし、
「なんであなご?」って思ってもらえるだろうから、結果よかったです笑

ゆうこすは呼び捨てしやすい名前がいいよって書いてました。

あとは、肩書きも考えるとより伝わりやすいですよね!
現在は直近のイベントの日付と場所を名前の後につけていますが、

あなご@人とひとを繋げるイベンター

これを固定にしようかなと考えています。
こんな名前の人がいたら気軽にファボってくださいね!!
(圧力)

そして、ここも忘れちゃいけない、「プロフィール欄」!
本だと帯に当たる部分。

見た人の心をグッと掴めるプロフィールとは、

【発信テーマと見るメリットが端的に、印象的な言葉で書いてある】

だああああーー!!!!

何を発信しているか、どんなことをしているかが
とても明確でわかりやすく整理されています。

スッキリとしていてわかりやすいですよね!
めっちゃ参考にしなければ!です。

プロフィール欄に書ききれなかったことは、

ゆうこすのように固定ツイートにまとめたり、
るってぃさんみたいな動画にするのも良いですよね!

3:フォロワーをファンに!

フォロワーさんの数が多いからといって、全員が自分のことを
よく知ってくれているわけでもなければ、応援してくれているわけでも
ないですよね。

でも少なくとも自分のアカウントを見たいと思ってフォローしてくれている。
その人たちをフォロワー→ファンに育てる事が大切になってきます!

あなごが考える理想のファン化

「あの人がツイートしてるからファボろう!」

となるぐらい、その人がどんな内容をツイートしていようと
関係なくファボってしまうというレベルまで
フォロワーさんを育てられたら、理想的ですよね。

自分の存在そのものが共感されるものになる!

ゆうこすはファンにも段階があって、
それぞれへのアプローチ方法をかえる必要があると言っています!

新規向け→コアファン向け
YouTube→Twitter→Instagram→生配信

ファンによって欲求の満たし方が違います。

例えば、あなごはゴールデンボンバーが大好きです。
(初カミングアウト笑)

・ファンクラブの会員
・メンバーのInstagramをチェックする
・ブログを読む
・ツイッターをチェックする
・ライブに行く

など結構コアファン。笑
かなりのお金と時間を彼らに割いています。

そう!コアなファンは、時間とお金を惜しまないのです。
そんなファンづくりを、あなごはしていきたいと考えています。

そんな事言われても何からしたらいいかわからない!

という方は、
まずは、ファボる(いいね)とリプライから始めましょう。

ツイッターにいる方々ってすごく優しいです!
挨拶したら返してくれるし、必ずファボってくれる方も
毎日コツコツやっていたら出てきます。

交流しているうちに絶対楽しくなります!
実際あなごも楽しすぎてツイ廃になりそうです。ははは

自分の発信したいことのターゲットが決まっている方は、

その発信したいことでの有名人だったり、インフルエンサーのフォロワーさんに
アプローチしてみると結構ハマりやすいかと思います!

まとめ

発信することって、「自分の軸がいかにブレないか」が
すごく大切になってきます。

なぜ自分がそれを発信したいのか、発信した後はどうするのか、
深掘りしていくとやりたい事が見つかると思います。

あとはこれだけネットや本でノウハウが出てるのだから
実行するのみ!ですね!(^O^)

それが一番難しいんですが笑
トライ&エラーを続けてみましょう!

あなごもまだまだフォロワーさん開拓中ですので!!
ぜひフォローよろしくお願いします!笑