あなごのおすすめ本

女性向けAV男優一徹さんの「セックスのほんとう」を読んだら、その内容が世界平和に繋がる一歩だった

こんにちは!

腹黒辛口ブロガーあなご(@anagoblog1)です!

今回は女性向けAV男優 一徹さんの本

「セックスのほんとう」について書きます。
真面目で丁寧で優しく書いてあるセックスについての本です。

突然ですが、「女性向けAV」ってご存知ですか?
最近は男性向けと女性向けのAVがあるんです。

この本を書いた一徹さんは女性向けAV男優さん、キャリアは15年!
皆さんもどこかで一度お世話になったことがあるのでは笑

あなごも元々一徹さんファンで、どことなく俳優の田中圭に
似てるな〜って思ってました。

そんな女性向けAVの筆頭と言える一徹さんが

「うまい、下手じゃない ほんとうのセックス」

について語っている本を出されたということでこれは読まない訳は
ないよね!とものの1時間で読み終えてしまいました。。

「この本で世界平和訪れるんちゃう?!」

と思えるような、男性にも女性にもぜひ読んでいただきたい内容
だったので熱弁をふるってご紹介します!! 

これを読んだことのある人と付き合いたい!!笑
あわよくば、一徹さんと。(ご結婚されています)

僕たちはAVでセックスを学んできた

男性は言わずもがな、AV見ますよね!

「龍が如く」シリーズのゲーム実況見ていると必ず
「あ、この人今話題のセクシー女優さんだね。」
→(セクシー女優さんがモデルとなったキャラクターが出てる)

なんて言葉が出てくるぐらい、AVは男性にとって近しくて違和感のない
存在なんだなという印象を受けます。

でも、女性ってそんなにオープンに
「AV見てます!」「昨日は一徹くんにお世話になった」
なんて会話できるわけがないよね〜〜〜!

というのが現状の空気感。

・女はAV見ないでしょ。
・性欲丸出しなのは恥ずべきこと
・性欲なんてある訳ない!(という態度)でも男性から誘われたらアリ

このように、女性の性欲は「恥ずべきもの」
として認識している人や、性に対して受け身であることが多いです。

そんな秘密の扉で閉ざされた「セックス」
どうやるの?どこをどうするとどうなるの?

男女ともに初めてのことだし、学校でも教わらない。
他人がセックスしてるところを見学できるわけでもない。

そんな右も左も分からない人の一番身近な教科書として
AVがよく参考にされているんですよね。

男性が見る→初体験で男性がAVをお手本にリードする
→女性もそのセックスが当たり前だと思う

こういう構造で、誰しもがAVを介してセックスを学んでいるのです!
(間接的にでも)

男性向けAVの内容は女性からすると過激

男性向けAVって結構どギツイ内容のものが多いな〜
ってあなごは思います。

肉便器とか、1分で合体!とか、なにそれ。絶対やりたくない。
ていうか女性のこと何だと思ってんの?バカにしすぎ。

タイトルからして「痛そう」「エグそう」と想像します。

一方、女性向けAVだとストーリーが重視されています。

始まって15分経ってもまだお互い服着たまま、なんてザラで(笑)
どうしてこのカップルは付き合ったのか、や
会社の同僚なんだな、とか想像しやすいシチュエーションが多いです。

前戯よりももっと前段階の、会話やイチャイチャ感を大事に作られているそうです。

うん。女性はそういうの大好物ですよね!
体よりも心のつながりを重要視しますから。

となると、男性と女性が求めるセックスって大分違いがありますね。
誰しもが体験するであろうギャップあるあるをご紹介します。

ばりくそイケメンな一徹くん
出典:オレンジページ

潮吹きはAV界で”発明”されたものだった!?

「潮吹きさせたったぜ〜」「イかせてやった」
などとドヤる男性たまにいるんですけど、

身の周りの女友達で、潮吹き体験したことある・中イキしたことある
ってほぼいないです。いや、いないです。

「でも俺の彼女は昨日3回もイッたんだぜ!?」
それ、100%演技だから。

ていうか、そんじょそこらのテクニックのやつが
そんな簡単に何回もイかせられてたらAVいらねえよ。

なんでこんなに男女で認識の違いがあるのか?
潮吹きは、”イった”の見える化の為に発明されたものだから

なぜ発明されたのかというと、

規制が厳しかった1990年代はモザイクばりばりで
なにが写っているのやら分からない状態だったそうです。

そこで女優さんたちが

・喘ぎ声
・体を大きく動かして感じているように見せる
・「イッたこと」を表現する

演技を、男性監督から男性視点で指導されるのです。
だから大げさに聞こえる時もありますよね。

しかし、女性はイったことが明確にわかりづらい。

男性がイった時のように分かりやすい表現を模索していた時に
ハプニングで起こったことらしいのです。

ビシャって。笑
女優さんが我慢してたら出ちゃったんだって。
一徹さんがいうには、潮は95%おしっこらしいよ。

その後、見た目のインパクトから一大コンテンツとなった「潮吹き」

男優さんたちがスキルを磨き、女優さん達も試行錯誤し、
(硬水を6リットル飲むと吹きやすいと言って撮影前に飲む方もいるそう)
今の形になったというわけです。

潮吹きはずっと我慢してたおしっこが出せる!!
みたいな気持ちの良さはあるけど、オーガズムとは違うようです。

この事実を男性陣は知ってるのかな〜。
潮吹きって一般人は大抵しないもの(できないもの)です。

手マンは激しければ激しいほど嫌だ

AVでよくある表現の一つ、「激しめに手マンする」

「い、痛そう。」
女性はそう思うかもしれません。

これも潮吹きと同じで男性の指の動きを派手に見せるための演出です。

*一徹さんが説く、HOW TO 手マン!笑

・手マンに力はいらない
・指先を動かしているのではなく、ひじを支点にして、テコの原理で
優しく動かすイメージ
・入れる指は1本でいい
・がちゃがちゃとかき回すのは絶対NG
・出し入れのスピードも速くなくて良い
・爪を切るのはマナー!切りたての爪はNG、ヤスリでなめらかに

あなごが問いたい「手マンはいつまで続くのか」問題

中イキできる女性は2、3割。ちょっとした奇跡らしいのです。

でも男性ってAVの影響を受けてか、イかせたがりますよね。
だから女性は手マンを早く終わらせる為に演技します。
イったふりします。

あなごは手マンが少し苦手で、ずっとされると途中でしんどくなります。
もう嫌だ、と思ったこともあります。

そういう時は相手の手をギューっと握る、指を取り出す(笑)
などのアクションをとり、もういいよ、ありがとう。
って伝えるようにしているんですが。

これもちゃんと言わないと男性は永久に分からないものですよね。
だってAVだと激しくされると女優さんが気持ちよさそうにするから。

すごい現実とファンタジーのギャップだわぁ。。と思います。
まさか自分のしてることが相手にとって苦痛だなんて思いもしないですもんね。

デリケートな話題だから、お互いの信頼関係が大事です。
何気なく「昨日なに食べた?」くらい自然に会話できるのが
一番素敵なカタチだとあなごは思います。

フェラは好きな人だからしてあげたいもの

なにその顔。たまらん。
出典:大人のオンナの事情

フェラも挿入までの通過儀礼ですよね。今まで100%してきました。

正直なところ「してもいいけど洗ってきてくんないかな。」
ってめっっっっちゃ思います。笑

女性もクンニされる時にはもしかしたら匂いなど
あるのかもしれませんが、男性も結構します。笑
この事実を知った上で女性にお願いしてくださいね!

あと顎関節症のあなごは口が大きく開きづらいので、
頭掴まれてグッて奥までやられるとオエっ!!ってなる上に
あごが取れるかと思うので、やめてください。

頭掴まれて嬉しい人いるのかな?
ドドドドMなあなごもさすがにやられながらシラケます。

そして、好きな人は好きな「ごっくん」

これは付き合っていて、好きな人のでもマジで厳しい!!

経験談ですけど、口に出された時の不快感、味、
そのあと口と鼻に広がる独特なにおい。

もう呼吸できません。

鼻で呼吸した瞬間においが広がっちゃうので息をせずに、
あなごはお茶で流し込んでました。
味のついたもので流し込まないと後味も悪いので。

これは「飲み込めないもの」って自分の意識に気づかせたら
全部吐いちゃう勢いなので、自分がまだ気づかないうちに
お茶で流し込んでしまいます。笑

そのあとに「おいしい?」なんて聞かれた日にゃあ、
ぶん殴りたい勢いです。

逆に問いたい。おいしいと思いますか?
じゃあ、自分で飲んでみてよ。自分のやつ。

フェラに関しては病気感染のリスクもあるので、
本当はコンドームをしてやった方がいいそうです。

女性にとって、とても大変な作業であることは間違いないフェラ。
ちゃんと「してくれてありがとう」の気持ちを
口に出して言ってあげてください。

こっちは外れかけのあご懸けてやってんだお!

プロAV男優、一徹さんがしているセックス前の準備

□1にも2にも清潔感!
□口臭対策に歯磨きと歯間ブラシ、マウスウォッシュは必須
□爪切りした後に必ずヤスリをかけてなめらかに
□ひげ脱毛
□性病検査は月に一回
□コンドームは必ず準備する

女性は実際に匂いがするかどうかよりも、
体臭に対して気遣いをしているかどうかが大事!
その意識の方が「大切にされている」と感じるのです!

男性の皆様、ぜひ清潔感を大事にしてみてください。

自分だったらどんな人とセックスがしたいですか?

同意のないセックスは犯罪になる【性的同意】

皆さんは「性的同意」という言葉を知っていますか?

「性的同意」とは性行為の際に、互いがその行為を積極的に望んでいることを確認することを意味している。英語では“Sexual Consent”と表記される。
出典:Frau

「相互の積極的なYes、性的同意がなければ全てレイプ」
という法律をつくる国も近年増えてきたようです。

その流れが最近、日本にもやってきています。

「Yesといった方が悪い。」
「嫌なら断ればいい。」

ということは簡単ですが、断ることができない状況、
相手の気持ちを配慮して「Yes」と言ってしまうこともあるでしょう。

もしくは、お酒をたくさん飲ませてそのままホテルへ
連れ込むなどのシチュエーションもなんだかよく聞きますよね。

そのような同意が得られていないセックスは、全てレイプです。
全て犯罪になってしまいます。

「Tea and Consent」で考える性的同意

セックスの同意を得る際のマインドセットを
紅茶でたとえているこの動画。

「あなたが紅茶を入れたからといって、相手が必ずしも紅茶を
飲まなければならないことはない」

「デートの後にホテルで二人っきりになったからといって
相手の同意が得られない限り、セックスをしていいとは限らない」

ホテルまで一緒に来たらエッチOKってことでしょ?
という”暗黙の了解”がありますよね。

特に日本はよくも悪くも空気を読んでしまう文化があるため
ホテルまで来たら断れない、相手に申し訳ない、と思ってしまいがちです。

断ったら彼が不機嫌になるかもしれない。
あなごもそう思った経験は何度もあります。

でも今思い返すと、すごく嫌でした。

心からの同意じゃないから上記に書いたような「ごっくん」事件が
起こったのでしょう。(本当は飲みたくなかった)

不機嫌になる感情をコントロールすべきなのは彼の方で、
不機嫌になるのはただの駄々っ子と同じです。

「やりたいことができなくなった。」
ただそれだけのことなのに、Noを言わせない空気や状況に追い込んでいます。

「最近ヤラせてくれないよな。」
そんな言葉を彼女やパートナーにかけていませんか。
その一言で相手を追い詰めているかもしれません。

自分の心に素直に、YesとNoが言いやすい関係にして
おくこともすごく大切ですね。

その一方、増えるセックスレス

実はあなごも経験がありまして。。
当時一緒に住んでいた彼と1年半くらいセックスレスでした。

あなごから誘ってものらりくらり交わされ、次第に誘わなくなりました。

断られるのが怖くなるんです。

「そうやってエッチしようとか言うの、やめて。」
「したかったら体とか触ってくれたら分かるし。」

と言われました。正直、悲しかったです。
そして、体触っても応じてくれることはなかったです。

次第に「セックスの部分は他の人で満たせばいいのかな。。」
なんて考えたりして。

断られる側の気持ちも分かるから、もし「今日はちょっと‥」というときは
次の提案などをしてもらえると心が救われます。

セックスがなくても、もちろん仲良く過ごせるカップルも
いると思うのですがあなごは寂しい気持ちもありました。

次第に自分に嘘をつき始めるんです。
「しなくても、別に平気。」
そう言いながら、自分にも思い込ませながら過ごした1年半でした。

だからもしパートナーとセッククレスで悩んでいたら
難しいかもしれないけど、きちんと向き合ってほしいです。

少しずつでいいので話し合ってみて、
2人が無理のないように折り合いがつくところまで。

一徹さんは、
【お互いがお互いを大事にしている気持ち共有できたらそれはもうセックスである】

と本の中でおっしゃっています。
必ずしもセックスじゃなくてもいいんです、ハグでも気持ちを伝え合うでも
それはもうお互いに気持ちの良い「セックス」のかたち。

まとめ

あなごの実体験も交えながらかなり真面目に書きました。

女性向けAV男優一徹さんだからこそ書けたのだなと思いました。

映像で見ていても、
どうしたら相手が気持ち良くなってくれるか、を一番大事にしている
ことが伝わってくるんです。彼の女性を見る目だったり、会話だったり。

「性について正直に話すのは恥ずかしい!」
という感情は誰しもが抱くことでしょう。

あなごも不特定多数の方にこの記事が読まれると思うと
めちゃくそ恥ずかしいですが笑

でも、誰しもがすることじゃないですか。
しかも一人じゃできないことなのに、どうして相手の感情を無視するんですか。

AVは作り出されたファンタジーです。
男性向けも女性向けもリアルとは少し違います。

わからなかったら、目の前にいる相手に聞いてください。

「セックスしたいんですが、いいですか。」
「痛くない?」
「これとこれどっちが好き?」

など、リアルで学ぶ方が超絶大切だし身になる。
一人ひとりの体の構造が違うんだから必ずしも同じことをして
気持ちよいとは限りませんもの。

そのコミュニケーションがもっと楽しく、気軽に
取れるようになるといいなと思います。

この本読んだら絶対世界平和訪れると思う。
それぐらい大事なこと、たくさん書いてあります。

ぜひ、読んで自分の気持ちを振り返るきっかけに
してみてください。