仕事ネタ

資格がなくてもネイリストになれる

こんにちはー!
腹黒毒舌ブロガーあなごです。

今回は現役資格不保持ネイリストあなごが
「資格がなくてもネイリストになれる」の極意をお伝え致します!

あなごがネイリストになった経緯

あなごがネイリストになった経緯

関連記事:あなごがネイリストになった経緯

すっごくよく聞かれる質問
「ネイリストって学校に通うんですか?」「資格取るの大変じゃないですか?」

こう聞かれると実は困ってしまうあなご。
だって、ネイリストになったきっかけは周囲がやっていて、焦って始めた就職活動だったから。

資格がなくてもネイリストになれる?!

ネイルサロンで働くために必要とされることが多い資格の種類

・JNECネイリスト技能検定(ネイル検定)1.2.3級
・JNAジェルネイル技能検定(ジェル検定)1.2.3級
・ネイルサロン衛生管理士
・サロンワーク3年以上

ネイリスト募集!と書かれている要項に書かれていることが多い資格です。
もちろんあなごはどれも持っていません!!

と言いたいところですが、
衛星管理士の資格は所持しております。。すみません。←謎の謝罪
サロンワークも6年目なのでクリアしてます。

なぜ資格を持っていないのか

答えは簡単、資格がなくても働ける環境に就職したから
そもそもネイリストの資格は国家資格ではありません。
 ((看護師や鍼灸師、美容師などは国家資格がないと働けませんね。))

あなごの一番最初の就職先は国家資格ではないのならば、
自分たちで独自の試験を作って設ける
という会社だったので、試験はありましたが基準はその会社基準。

その試験を作ったのは社内の現役ネイリストの集まりだったので、
今までの無駄を省き、なおかつもっとスピーディーな施術ができるように工夫されたものでした。

時間制限めっちゃ厳しい。
リアルにあなごだけ一回試験落ちました。。ズーン。
大器晩成タイプなんです。はい。

そちらの試験をパスしても、半年に一回必ずまた試験を受けないといけない
システムになっており、技術向上は必須でした。。

資格がなくても働く方法

なんだよ。資格持ってないとか言いながら結局どこかの学校や企業に所属しないと
ネイリストとして働けないのかよ!!!!!

と、お怒りの皆様、朗報でございます。
あなごのような特殊なケースも最近では主流になってきているようです!パチパチ

「未経験・検定級は問いません」の募集広告よく見かけますよね!
その意味はこちら↓

  • アシスタントとして技術を学びながらネイルサロンで働く
  • 企業の研修制度を利用する

ひとつめの『アシスタントとして技術を学びながらネイルサロンで働く』

・資格がなくても、お店でアシスタントをしながら級を取る勉強してね!
・級を取るとお給料が上がるよ!

ということです。
こちらの場合は初めは時給で働くアルバイトスタート。
◎メリット

  • ネイルサロンの雰囲気がわかる/お客様と接することができる
  • ネイルオフなど基礎のものをじっくり学べる
  • アルバイトしながらネイルスクールに通える

×デメリット

  • たくさん働かないとお給料が少ない
  • ネイルスクールに通う場合、お金が別途発生する
  • デビューまでに時間がかかる

ふたつめの『企業の研修制度を利用する』
これはあなごと同じパターンです。

あなごの場合は、

  • 初期費用は3万円。ネイル道具、テキスト全般購入費
  • 交通費でない
  • 研修中はお給料時給でない

当時一人暮らしで一ヶ月バイト代0円は厳しかったです。。
今は初期費用がグッとおさえられて、ネイル道具代のみで済むところもあるようです。

資格をもつことのメリット

さんざん資格ないっす~どや!!!!( ^)o(^ )
してきましたが、資格は持っていると非常に便利ですよ。

  • 独立を考えた時に有利になる
  • お客様に安心して頂ける材料になる
  • サロンによっては優遇してもらえる

お客様がサロンに来る前に何を調べて来店するか、というと
①デザイン
②口コミ
③立地
④ネイリスト歴/資格保有者
⑤使用している器具(LEDライト等)

あなごが新規のお客様に毎回聞いたアンケート結果です。(あなご調べ)
ネイル資格を保有していることで安心してお店に来店して下さるのであれば、
もっていることに越したことはありません。

何よりそのネイリストの売りになります。
プロフィールにも書きやすい。

あなごもまだ新卒だった若かりし頃、お客様から
「資格取るの大変だったでしょう?」や「今ネイリストされて何年目なの?」など

( ^)o(^ )。。(ウグホォッ、確かに会社の試験はめちゃんこ大変だったけど、、
       ネイル歴1年未満とか言っていいのかなああああああああああ)

と答えづらかったのを覚えています。

また、お給料の面で優遇してもらえるなんて!これもあって困るものではありませんよね。

 

まとめ

  • 資格がなくてもネイリストとして働ける
    →アシスタントとしてのスタートもしくは会社の研修制度を利用する
  • 資格をもっていると何かと便利

こいつ、適当にやってんな。ネイルなめとんか!?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ごめんなさいぃいぃいぃいぃ

決して適当ではないんですよ。
ネイルという仕事に対する捉え方が、大勢の方々と少しちがった角度から見ている、

ということだと思います。

あなごにとってネイルはお客様とお話するツールであり、自分を表現するツールです。

その点においてはネイリストって本当に抜群なお仕事!!
適当にやっていては永遠にたどり着けない職業だとも思います。。。


みなさんに少しでもネイリストという仕事が身近に感じて頂けるように
少しコンプレックスだった資格不保持の事を書きました。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。

最後までお読み頂きありがとうございました!
また別記事でお会いしましょう!