ぶらり、あなご旅

【GWにオススメ】銭洗弁財天・葛原岡神社

こんにちは!
腹黒辛口ブロガーあなご(@anagoblog1)です!!

GW直前スペシャル!!
都内付近で楽しめるとっておきの場所といえば、

そうだ、鎌倉行こう。


銭洗弁財天でお金を清めてみる

銭洗弁財天宇賀福神社は、お金を洗うと何倍にも増えて戻ってくるといわれる霊水「銭洗水」が湧く神社。

鎌倉ぶらぶら 鎌倉の観光ポータルサイト


何やら源頼朝さんが貧困にあえぐ庶民(あなご)のために、
救済を祈願した神社だそうです。

鎌倉駅から徒歩15分程度です。
ヒールだときつそうな坂道の真ん中にあるのでスニーカーがオススメ!

普段運動を全くしないアラサーあなごーズ達は

坂道を登り始めた段階で無言になりました。

まるでジブリ「千と千尋の神隠し」に出てきそうなトンネルを
どんどこ歩いて行きますよ〜

またトンネルくぐるよ

まずは手水舎で手を洗って、身を清めて
社務所にてろうそくとお線香とざるをいただきます。(100円)

あなご:「お清めの塩おおおおおっ!!!」(50円)

あなごーズ:「なんか嫌なことでもあったの?(´・ω・)」

あなご:「ううん。何となく持っていたい。」

あなごーズ:(´・ω・)無言

貧困にあえぐあなごは有り金をこれでもか!
と洗い倒す。

欲深い妖怪あなご

※洗ったお札をろうそくやお線香で乾かさないでね
普通に燃えるよ(^O^)

あなごーズの残念なザル。
ザルが破れてる時点でご利益半減しそう
(※そんなことは全くありません)

女子力高いあなごはマイハンカチーフでお札ふきふきしましたよ。
洗ったお札の金額の2倍で返ってくるらしいので
すぐに使っちゃう方が良いですね。

陶芸職人のようにお皿を破れる、葛原岡神社

失敗作をパリーン!と割る陶芸職人のような

体験ができる

葛原岡神社

銭洗弁財天から徒歩7分くらい。
さらに坂を上って行きます。

ますます無言なあなごーズ

ほら、ありましたよ。

例の皿

少しでも割れやすそうな皿を選定するせこいあなご

こちら、「魔去る石」

名前の通り、
「魔が去るように願いを込めて盃を石に当てて幸せを勝ち取る」
というご利益があるようです。



実はあなご、2年ほど前に割りに来ているのです。
しかしその時は3回目くらいでやっと割れた。んだよなぁ。
しっくり来ていなかったあなごは、今回に賭けていた!!!

キリッと!

あなご氏、投球しまっせ

割れた時の顔な

ご満悦なあなご。
良縁の神様、「女石」と「男石」を祀るゾーンは(縁結びね)

なぜかあなごーズ素通り

だれ一人として縁結バレてないのに!なんだおまいら!
生意気だな!!

そして、一番奥にある「昇運の神龍」をお参り。

このブログが軌道に乗りますように。

空気感が違って、荘厳でとっても神聖な感じがした。

鎌倉って良いところ

海が近くて、古民家があって、
何だかこの街にいると落ち着く。

神社や仏閣が好きな方はぜひ行っていただきたいです。
写経に行った話も書きたいな〜

ENJOY!GW

最後までお読みいただきありがとうございました!
また別記事でお会いしましょう〜〜